"大改造!!劇的ビフォーアフター"の記事一覧

静岡・清水銀座の家

・大改造!!劇的ビフォーアフター  リフォーム100軒達成スペシャル 2005年3月6日O.A. 娘が窓の外で寝る家 https://www.asahi.co.jp/beforeafter/season1/banote/contents/rfsp31matunaga.html ・所在地:静岡市清水区 ・主要用途:店舗併…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼・大杉漣さん・・・『あるがままに』

『あるがままに』・・・あれからちょうど二年。。。 少々前振りが長くなりますがお許しを。。。 静岡にいて芸能人と出会うことはありませんが、 東京の一色建築設計事務所時代には、 駅や事務所周辺でのロケで、出会うことが希にありました。 そんな中で、朝日放送のテレビ番組 大改造!!劇的ビフォーアフターに参加する機会が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしさんからのお年賀

昨年の大改造!!劇的ビフォーアフターで担当しました さだまさしの詩島再生計画。 https://www.asahi.co.jp/beforeafter/d00185gksw.html 放映後も、詩島メンテナンスやコンサートなどで、 楽屋再会したり、お電話でお話ししたり、 頂き物をしたりと、 大変お忙しい中、大御所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10/11静岡コンサート・さだまさしさんとの再会

※写真については、掲載許可をいただいております。 昨日の静岡市民文化会館でのさだまさしコンサート。 詩島でのビフォーアフター撮影以来、 半年ぶりの再会を果たすことができました。 コンサート前に、楽屋訪問してしばし歓談。 持参した映画長江DVDと詩島唄CD、 これが、私とさださんとの出逢いのビフォーアフターですと・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさし『惠百福たくさんのしあわせ』9.6リリース

さだまさしさんのニューアルバムが本日リリース。 タイトルは、『惠百福たくさんのしあわせ』 今回のアルバムは、最初から曲順を決めておられたとのこと。 朝日放送の大改造!!劇的ビフォーアフターで、 さだまさしさんの長崎にある個人所有の詩島で、 島丸ごとリフォームを担当させていただきましたが、 設計施工に約一年を掛けた四度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島と焼杉の外壁

焼杉はその名の通り、杉の表面を焼いて炭化層を創り、 杉材の耐久性を増すという古来からの手法です。 杉板三枚を三角形に組んで番線で留めて、 起こした火の上にかざすと、 やがて煙突効果で上まで火が上がって、 上部から煙と共に勢いよく炎が吹き出します。 その状態になって、火から離して、 横に倒して、番線を外して内側の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島と35年もの再生キッチン

さだまさしさんの詩島再生計画が完成して4ヶ月。 https://atelier-m-architects.seesaa.net/article/201704article_12.html 相変わらずコンサート、NHK生さだ、そして曲作りと 多忙な日々をお過ごしのさだまさしさん。 折に触れてその後の詩島の様子をご報告したり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島とサプライズ御礼

さださんの詩島再生計画が完了して、はや一ヶ月。 これからは、詩島のメンテナンスにも関わりながら、 今後の詩島を見守り続けていきます。 コンサート、アルバム創り、テレビなどなど、 その後もお忙しい生活をされているさださんから届いた、 サプライズのお礼の品。 中身は明かせませんが、心温まるメッセージ、 どうも、あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島と設計施工フォローアップ

いつも番組が終わると、施工・建材関係者への感謝を込めて、 Special Thanksと共に番組で紹介できなかった仕事の 設計意図、施工ポイントやディテールなどを 紹介するフォローアップ記事をアップします。 ひとまず、大枠はご紹介できたかなと思います。 このように、工事に携わった様々な人々の想いが、 詰まって、番組が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さだまさしの詩島と銅板加工照明器具再生

ログハウスの広間にぶら下がっていたペンダント。 重量感たっぷりで、製作ものの手の込んだ銅製のランプが 1mほどの木材の両側に3個ずつ合計6個が、 暖炉上部とキッチン上部、2箇所にありました。 ログハウスに負けないような存在感でしたが、 逆にそれが災いして、あの空間には重たすぎる印象でした。 棟屋からの光を白い螺旋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more