"建築風景"の記事一覧

モザイクタイルミュージアム・多治見市

陶磁器の生産地、美濃焼でも有名な多治見。 ここは、その焼きの技術を活かした、 タイル産業が発達した地でもあります。 そんな多治見に、ユニークなモザイクタイル美術館があります。 藤森照信設計による多治見モザイクミュージアム http://www.mosaictile-museum.jp/ 突然現れる粘土山を模したよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんなの森・ぎふメディアコスモス

名古屋から北へ35km、旧岐阜県庁跡地の再開発に建つ、 伊東豊雄氏設計のぎふメディアコスモス。 http://g-mediacosmos.jp/cosmos/about/character.html 岐阜市の市立中央図書館と交流ホール、プラザ、 そしてギャラリー、スタジオからなる複合施設です。 『知の拠点』、『絆の拠点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うだつの上がる街並み・美濃市

『うだつ』とは、屋根が連続する町屋にあって、 屋根の両端を一段高く棟を立ち上げて、 火災の類焼を防ぐ、防火壁のこと。 この『うだつ』を造れるのは裕福な家であり、 それが庶民からの願望となって、 『うだつ』を造れるように成功すること、 すなわち『うだつ』が上がる という語源となりました。 名古屋出張の折りに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼津倶楽部

富士山と松原といえば、三保の松原を思い出しますが、 沼津の千本松原も有名。 そのそばにある『沼津倶楽部』 http://numazu-club.com/ 明治の粋人・三輪善兵衛が残した数寄屋建築と庭園。 当代随一と言われた江戸幕府小普請方大工棟梁の 柏木家十代目・柏木祐三郎の手による数寄屋建築。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

積水ハウスの静岡夢工場視察。

東京・一色建築設計事務所時代より、 各ハウスメーカーや同社系列不動産と連携して いろいろなプロジェクトを協働する機会がありました。 モデルハウスの設計から始まり、商品住宅開発、 団地開発からまちづくりに至るまで。 また、基本設計をした住まいをメーカーの設計施工システムで 創り上げるという協働もあります。 そこで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おりづるタワー探訪『ひろしまの丘』編。

プレオープン間もないおりづるタワーへ行ってきました。 私の故郷・広島ですので、原風景でもある平和公園、 しかも、原爆ドームすぐ脇にある古いビルのリノベーションですから、 非常に興味あるプロジェクトです。 設計は三分一博志氏。風を取り込む建築で有名です。 http://www.orizurutower.jp/ おりづる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの日から5年・・・未だ復興のみちすじ途上.....

あの日から5年・・・未だ復興のみち途上..... とは程遠い状況が、あらためて報道されています。 死者15,890人、行方不明者2,561人、未だに続く捜索。 全国への避難者数約174,000人が47都道府県、 1,139の市区町村に所在。(復興庁調べ) そして、福島第二原発で続く、気の遠くなるような廃炉への取り組みは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄物語・久しぶり首里城と魔除けシーサー。

沖縄物語が始まって、足かけ三年。。。 あまり経験のない紆余曲折を経て、 着工目前まで辿り着きました。 沖縄へは1泊2日という工程ですが、 1日は往復時間となるため、 実質的な沖縄滞在は1日半もないため、 様々な打ち合わせや移動で費やされます。 三年間で、やっと2時間半余りの余裕があったので、 久しぶりに首里城…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016年春竣工のアップル本社屋 Campus 2は工事中。

2016年春竣工のアップル本社屋 Campus 2 マザーシップ 工事真っ盛り...楽しみです。 完成したらカリフォルニアに行きたいなぁ。。。 在りし日のスティーブジョブズによる クパチーノ市議会でのプレゼン。 人気blogランキングに参加しています。 ↑よろしければ、クリックをお願いいたします。  ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ・スペイン旅行記-はじめに

ドイツのフライブルグと ちょこっとフランス、 そしてスペインバルセロナ。 エコタウンの視察とコルビジェ・ガウディ巡礼。 一昨年のスウェーデン視察以来のヨーロッパ。 http://asahi.co.jp/beforeafter/special/d00128frys.php また新たな刺激を受けた今回の旅。 備忘録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more