"住まい設計"の記事一覧

想いを受け継ぐ住まい2022年最終章へ。

今年もあと二日となりました。 来年は足掛け6年となるお住まいの集大成。 このお住まいの敷地を初めて訪れたのは 2017年10月、もう4年前となります。 築200年の蔵、3回の増築を重ねた木造の住まい、 鉄筋コンクリート造の住まい、 そして歴史を重ねた樹木と庭石と大ケヤキ。 それら積み重ねた歴史がそこかしこに、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトリエMアーキテクツの仕事・工夫を凝らしたコンパクトな住まい

静岡・大岩本町の家 https://atelier-m-architects.seesaa.net/article/201804article_2.html ・所在地:静岡県静岡市 ・主要用途:専用住宅 ・敷地面積:77.36m2 ・延べ面積:71.36m2 ・2階建て ・竣工:2010年5月 ・構造:枠組壁工法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトリエMアーキテクツの仕事・構造用集成材の住まい

池田の家 自邸兼アトリエ https://atelier-m-architects.seesaa.net/article/201802article_4.html ・所在地:静岡県静岡市 ・主要用途:事務所併用住宅(専用住宅+アトリエ) ・敷地面積:361.34m2 ・延べ面積:189.55m2 ・2階建て ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトリエMアーキテクツの仕事・旧宅を受け継ぐ住まい

富士・吉原の家 https://atelier-m-architects.seesaa.net/article/201712article_7.html ・所在地:静岡県富士市 ・主要用途:専用住宅 ・敷地面積:506.17m2 ・延べ面積:171.28m2 ・平屋建て ・竣工:2011年12月 ・構造:枠組壁工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIM設計では各部の見え方検討は楽になる

もうBIM設計に移行して4年になります。 企画→基本→実施の各設計においての クライアントとのやり取りの情報共有は 格段に便利になりますが、それは現場に入っても同様です。 現場詳細図はやはり2D設計の方が便利ですが、 それも、BIM設計上でおこなえば、 現場への指示がより明快になります。 設計側と造り手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軒裏を仕上げることは住まいの表情を決めること

今回の住まいの工法は枠組み壁工法。 平屋主体ということを考えると在来工法という選択もありますが、 平面計画、断面計画、立面計画に全体の構造計画、 そして、設備計画とダクト工事計画などを 総合的に判断すると、在来工法ではちょっと難しい。 躯体工事は、パネル化・建て方という 静鉄ホームズのパネル工場の仕事となっております…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住まいの基礎工事までに決めるべきことは多数

企画→基本→実施へと設計を進める中で、 住まい手の要望や設計の詳細検討などで変更がおこります。 それらをすべて解決しつつ実施設計を煮詰めていきますが、 その大部分は決めていても、 どうしても積み残しの箇所はあるものです。 その辺りは現場に入ってから・・・とするのですが、 現場が着工して、地縄遣り方→地盤改良→根切→ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more