"住まい設計"の記事一覧

2023年専門学校夏期課題・静岡建築探訪

建築は、実際にその場所に出向いて、 その空間に身を置くことで、 自分自身に眠っている様々な感覚を呼び起こさせてくれます。 敷地に足を踏み入れた瞬間から、その建築家が、 その場所の環境に込めた思いを感じとることもできます。 東京では、身近に有名建築が目白押しで、 日々、そこに身を置くことはたやすいのですが、 地方とな…
コメント:0

続きを読むread more

ちょうど良いMacBookAir15.3”M2移動アトリエ仕様

先日のWWDC2023の冒頭にサラッと発表された AppleSiliconM2搭載のMacBookAir15.3”M2 移動中や出張先での作業をおこなう移動アトリエは、 MacBookPro13.3”を使用しておりましたが、 やはりローガン卿にはちと厳しい。 そして何よりも、BIM設計の図面では、 IntelのC…
コメント:0

続きを読むread more

ブログ授業2023/ル コルビジェ「サン・ピエール教会」

ロンシャンの礼拝堂、 ラ・トゥーレットの修道院に続く、 3番目の宗教建築であるサン・ピエール教会。 建設地の軟弱地盤や建設費オーバーなどから 高さを50mから34mに変更したにもかかわらず、 基礎部分が完成しただけで頓挫し、 その後約20年間も放置されていました。 この未完の作品は、その完成予想図が CGで再…
コメント:48

続きを読むread more

大改造!!劇的ビフォーアフター石川邸リフォーム施工編8・タニコー業務厨房機器

石川邸は、築57年のごく普通の一軒家でしたが、 店舗併用住宅のカレー店舗スペースを取り入れるリフォーム。 今回必要となる業務用の厨房機器はタニコーさんへお願いしました。 https://www.tanico.co.jp/product/ 実は私のアトリエから徒歩1分に静岡営業所があり、 私の愛犬の散歩コース上でして、 …
コメント:0

続きを読むread more

大改造!!劇的ビフォーアフター石川邸リフォーム施工編7・Jパネル端材活用

石川邸は、築57年のごく普通の一軒家でしたが、 店舗併用住宅のカレー店舗スペースを取り入れるリフォーム。 店舗客席の壁天井仕上げには、優れた調湿機能、吸着・消臭機能と 防火性能を有したモイスNTを使用して、 モイスコート(撥水材)を塗布しております。 木材は内装制限で床から1.2mまでしか使えませんが、 そのコストも…
コメント:0

続きを読むread more

大改造!!劇的ビフォーアフター石川邸リフォーム施工編4・モイスの呼吸する壁・天井

石川邸は、築57年のごく普通の一軒家でしたが、 店舗併用住宅のカレー店舗スペースを取り入れるため 住まいへのカレーの臭いと店舗での臭いの問題を 考える必要を感じました。 不燃材料と臭い対策、さらに工期への施工性の簡素化を考えると その素材は、これまで使い慣れているモイス以外にありません。 https://moiss.…
コメント:0

続きを読むread more

大改造!!劇的ビフォーアフター石川邸リフォーム施工編3・集成材梁柱補強

石川邸は、築57年のごく普通の一軒家でしたが、 『2階が傾いた家』のタイトルの通り、 2階クロゼットの床の傾斜とその下の和室建具枠のゆがみ。 これから、梁か柱か基礎かのいずれかに問題があると想定できます。 今回は店舗の客席と厨房の広さを確保する必要があり、 和室とDKの壁を910mm北側へ移動することにしました…
コメント:0

続きを読むread more

大改造!!劇的ビフォーアフター石川邸リフォーム施工編2・ベタ基礎補強

石川邸は、築57年のごく普通の一軒家でしたが、 店舗部分のために、新たに客席と厨房、便所、手洗い というスペースを作り出す必要があります。 この部分は、土足で入り掃除し易いように 墨入りモルタル仕上げとなっています。 この部分の下の土間コンクリートを耐圧版として D13@200の配筋としていますが、 それに…
コメント:0

続きを読むread more

大改造!!劇的ビフォーアフター石川邸リフォーム施工編1・減築による対応策

石川邸は、築57年のごく普通の一軒家でしたが、 店舗併用住宅とするためには、 そのままの規模でリフォームしてしまうと、 予算が合わないことは自明のことでした。 そのために35.7坪ある既存の住まいを ご夫婦とお母さんの三人の居住スペース、 そして店舗客席と厨房他付室などを効率的に再配置することで 3.7坪減築し…
コメント:0

続きを読むread more