住まいのコントロールセンターのレイアウト

IMG_4087.jpeg
カメラドアホン親機、電気錠操作盤、湿度調整器、
セントラル冷暖房システム空調リモコン×2、
そして各照明スイッチが、操作のし易い高さと位置に
綺麗にレイアウトされてできあがりました。

IMG_2148.jpeg
特に設備が集中する住まいのコントロールセンターのレイアウトは
躯体内のボックス位置と本体の設置位置のズレがあり、
各々の大きさがまちまちですので、
どこを合わせて、どれだけ離すかは非常に微妙。

IMG_9542.jpeg
躯体から、合板やら端材やらを挟んで、
計算通りの寸法位置にボックスが配置されます。
これが一見バラバラのような位置になりますが、
すべて製品が取り付けられると計算通り。

IMG_9113.jpeg
躯体工事が終わって、上棟式がおこなわれた昨年の5月。
もう9ヶ月前になります。
パネル化による躯体の建て方工事が終わってから、
本体の大工さんが外部廻りの破風、軒裏、通気胴縁など
外周部工の事に入った頃に、私はひとり現場で、
臨時アトリエを開設して、パソコンの図面と
現地の躯体を見比べながら、
住まい全体の電気設備や給排水衛生設備、
防犯設備などのすべてのボックス取付位置を
実際の躯体の中に一つ一つ描き込んでいきます。

CZWO0555.jpeg
この住まいでのスイッチ・コンセント他の
総数は約100箇所。
さらに照明器具が内外合あせて約160箇所。
さすがに今回のお住まいは大型のため、
通常の住まい3件分ほどの量となりますので、
すべての位置出しを済ませるのに4日間かかりました。

IMG_9464.jpeg
この作業は、電気屋さんも設備屋さんも入らない、
現場監督にも、私には構わないでくださいと言って、
ひたすらひとりでブツブツ言いながら、
パソコンからお気に入りの曲を流しながら。。。

IMG_4112.jpeg
こうした作業を最初におこなっておくと、
こちらも出戻りも少なくて良いですし、
電気屋さんも設備屋さんも楽に作業できて大助かり。

それだけに、私の指示通りとなりますので、
その責任は、すべて私にあることになりますが、
これだけの数となると、どうしても
図面からの漏れだったり、一部移動だったり、
その後の現場進捗状況の中で、必ず出てきます。

ただ、こうした作業を私が先行しておこなっていれば、
多少の手直しは、設備担当者も
快く?変更を引き受けてくれますので、
そこは、労力のかけがいがあります。

また板張の壁では、板割付の目地の位置との
調整など、位置が決めるには素材も関係してきます。

IMG_4092.jpeg
揃っていて当たり前、揃っていないと気持ちが悪い、
観る人が観れば分かりますが、
やはり、壁の中に整然とレイアウトされていると
住まい手にとっても使い勝手が良くなります。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック