ガムラ・スタン 『血の広場』

画像

13世紀半ばに築かれたストックホルム発祥の地。
ストックホルム市中心部の南に浮かぶスターズホルメン島に
残る旧市街ガムラ・スタン(Gamla Stan)。
http://www.arukikata.co.jp/city/STO/spot_2.html

街の北側にはオランダ・ルネサンス様式の王宮が建ち、
市内最古の教会や中世を彷彿させる
石畳の小道が残るエリアは、市内観光のメッカ。

この中心部の広場正面には、ノーベル博物館や、
お洒落たホテルやカフェに囲まれて、
人々の憩いの場所です。
画像

しかしここは、かつて凄惨な血の粛清がおこなわれた場所。
1520年におこなわれた「ストックホルムの血浴」。
デンマーク王による形ばかりの裁判によって
ヴァーサ王の父を含む90人もののスウェーデン貴族・高官が
断頭刑に処された、まさに 『血の広場』

過去と現在、まったく違う空間となっていますが、
その土地の歴史は、色々なことを考えさせてくれます。
画像


人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック