10ブログ授業/日本美の再発見・桂離宮。

画像


八条宮初代智仁親王と二代智忠親王によって、
1615年頃から約40年を費やして
八条宮家の別荘として造られた桂離宮。

簡素にして、明快な建築と庭園は、
日本建築の不朽の名作として、来日したドイツの建築家
ブルーノ・タウトによって賞賛されました。
その書院の雁行した特徴的な配置計画は、
それぞれの部屋からの月見を考えたものといわれ、
高床式の構造は、桂川の氾濫に備えて、
床下の防湿と通水を考慮するなど、
実用性と美観が一体となっています。

画像


また、その庭園の自然石・樹木・畳石などの配置に、
西欧手法の遠近法・見透線に影響を受け、
こちらも、明快なデザインの新しい
造園手法た取り入られています。

また、松琴亭の襖や床の間で使われている
青と白の市松模様は、目にも鮮やかな配色で、
見る人に斬新で、かつ清新な印象を
与える空間となっています。

画像


桂離宮の見学には、事前に
宮内庁HPで予約する必要があります。
皇居、京都御所、仙洞御所、修学院離宮も、
同様な措置がとられています。

桂離宮の全体・部分解説は、
下記のページにある施設案内ビデオからご覧ください。
http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/katsura.html

***********************
<連絡事項・ブログ授業>
まずは、皆さんに掲載告知日を大幅に遅れて、
大変、申し訳ありませんでした。
申し開きようもございません・・・m(_ _)m

上記からビデオ映像で、桂離宮全体を解説を聞きながら、
巡って見ることができますので、
各々の感想コメントを記してください。
〆切りは当然のことながら1週間延期して、9/12(日)まで。

では、よろしくお願いいたします。
***********************

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

この記事へのコメント

C
2010年09月10日 16:13
映像での桂離宮参観、楽しかったです。さっと見て回る感じでしたが、こんなにじっくりと見たことはなく、恥ずかしながら、こんなに広いものとも知りませんでした。実際の参観コースを回ると1時間かかると知り驚きました。
いくつもわかれている建物に、それぞれの雰囲気をもっていて、面白いと思いました。やはり、一番印象にのこったのは松琴亭の青と白の市松模様です。和室の落ち着いた雰囲気の中に、あの明るい配色、大きさの市松模様を持ってくる斬新さがすごいと感じました。また、中書院の3つの間にわかれ、その中に、それぞれ違う絵が描かれている空間も面白いと思いました。他にも、月見台や月波楼など、月見をするための空間があり、とても風流だと感じました。
今後、京都へ行く機会があったら行ってみたいと思いました。
B
2010年09月11日 01:55
ひとつひとつの建物に違った造りがあって、見ていて飽きないです。内装は、「質素」というより「オシャレ」という言葉のほうが当てはまると思いました。書院の外観は見かけない造りですが、シンプル且つスッキリとした感じがいいです。
月波楼から見える庭園の景色が特に素敵でした。
桂離宮は和の最高建築だと思いました。
M
2010年09月11日 13:18
桂離宮を全体的に見て庭と建築が一体になっている感じがとても綺麗だと思いました。
四季によっていろいろな顔を見せてくれるので飽きることの無い建築だと思います。
一番印象的だったのは、松琴亭の市松模様でした。あんなに大きくて目立つ白と青の市松模様があるのに、不自然な感じがまったくしないのがとても不思議に感じました。
A
2010年09月12日 11:10
桂離宮をじっくりみたり学んだりするのは初めてです。外観は本当地図みたいなつくりになっていて池の形や浮島の形までもが計算されて作られたかのようにどれをとっても芸術にみえるのが本当すごいです。また四季でそれぞれな顔をみせる素晴らしさは感動です。木がおおいからか。
木は四季を味わうことができる木これも計算されているようにもいえる。
日本人といえば茶ということですがまさにというかんじで池の周囲と中島になどに4つの茶室があるということです。桂離宮を学んでいってみてそのばに身をおいて感じるというのをしてみたくなる建造物でした。
2010年09月12日 11:51
桂離宮の美しさに感動しました
桂離宮のもつ質素な佇まいの中にある松琴亭の青と白のふすまのモダンさが目をひきました
また庭に敷かれた石畳や月波桜の小屋束、御幸門の柱といったところに加工されたものと自然のままのものが使われているものがあり印象的でした
住吉の松のように景観と目隠しの両方の役割を果たしており、美しさと共に実用性もかね備えているのだと感じました
なかには石を敷き詰め岬を表現しその先に灯籠をあしらったり橋を架け天橋立に見立てるなど遊び心も見え楽しかったです
L
2010年09月12日 15:25
桂離宮の美しさは建物だけではなく、多彩な表情の庭園にもあると思いました。
また、建物の中には月を模した装飾品等があり、凝っていることに驚きました。
いろいろな趣向を凝らした桂離宮に行ってみたくなりました。
2010年09月12日 16:57
桂離宮は、その建物一つ一つが、違う作りになっており、見ていてシンプルな作りで、さらに庭との景色がそこなわない、逆にそこに佇んでいるのが自然に感じられました。古書院から池に向かって出ている月美台から見る、庭園の景色やそこから見る月は、綺麗だなと思いました。
I
2010年09月12日 23:59
シンプルな感じの和でした。青と白の模様、確かに斬新でした。見て良かったです。
2010年09月13日 07:35
一日コメントするの遅れてしまいました。すみません。桂離宮はとりあえずとても綺麗でした。そしてとてもシンプルでありながらしっかりと和を感じさせるところがありました。今度機会があったら見に行きたいと思いました。
2010年09月13日 07:45
一日遅れてすいません。
桂離宮は、和というつくりで洋と違って雰囲気がおちついてると言うか個人的に興味があります。中の構造とか気になるので実際見学に行ってみたいです。
G
2010年09月13日 08:26
遅れてスイマセン。
大小5つの中島をそれぞれ特徴ある橋で渡し、回遊式の庭園となっているなんて知りませんでした。
桂離宮がこんなに広い庭園だとは動画を見るまで知らなかったです。
自然の美がこの庭園には凝縮されていて、四季を通して違った顔を見せるのが魅力的だと思いました。
死ぬ前に一度足を運んでみたいと思いました。
P
2010年09月13日 08:40
桂離宮の映像を見て
凄い考えられて作られていて
家の配置や小さい所まで細かい細工がされていて
家の中もたくさんの細工がされていました
2010年09月13日 08:44
桂離宮
神秘的で The和!
って感じがして京都に行きたくなりました。
このような場所は残しておくべきだとおもいます
2010年09月13日 12:53
一日遅れてすみません。
桂離宮は普通の和な感じだと思っていたけど、襖や床の間が青と白のデザインになっていたりしてオシャレな建物だと思いました。庭園も建物とよく合っていてとてもきれいでいい雰囲気のあるところだと思いました。
機会があれば行ってみたいです。
S
2010年09月17日 10:40
遅れて申し訳ありません。

桂離宮の中がこのようになっているとは、知りませんでした。
夏に行った起雲荘とくらべても同じ日本の建物なのにこんなにも違うのかと思いました。
V
2010年09月17日 12:51
和風の部屋に少し変わった襖などを使っていたりして綺麗だと想いました

庭園も綺麗だと想いました
2010年09月17日 12:53
自然と和の感じですごく日本的な建築でいいなと思いました。昔こんな建築物がつくられていたことを考えると日本建築はすごいんだとおもいました。
一度いってみたいと思いました。
j 金原利憲
2010年09月17日 12:53
2週間遅れてすいません 庭がすごく広く池が広く船で冒険できそうで本当に行きたくなりました手(チョキ)外国の建築家に絶賛されて日本の建物の凄さを実感しましたexclamation×2
あんな家に住んでみたいexclamation×2exclamation×2exclamation×2exclamation×2

この記事へのトラックバック