祝・静岡おやこ劇場創立40周年記念。

画像


静岡おやこ劇場、
創立40周年、おめでとうございます。
運営員の方々も、ご苦労様です。
http://www.shizuokaoyako.org/

私の家族は、東京時代はそちらのおやこ劇場に、
そして静岡に来てからも、こちらのおやこ劇場に入り、
子供と共に、様々な生の舞台鑑賞や
イベントを通じて、貴重な経験をしてきました。

静岡に来て小学校1年生の長男も、
低学年、高学年例会を経て、
はや大学生となり、おやこ劇場の青年会の
メンバーとして、イベントの企画に携わり、
こうして、受け継がれていくんだなぁと感じております。

今回の例会で発行されました『10年のあゆむ』を読み、
この活動が、地域活動からNPO法人へと移り変わる、
決して平坦ではない活動の一端を
感じることができました。

私のアトリエでも、少しながら広告にて、
ご協力をさせていただきました。

画像


舞台やイベントを通じた家族のコミュニケーション、
違う学年、違う学校という
様々な世代との交わりを通して、
素直なコミュニケーションが取られている様は、
こどもの成長にとって、貴重であると思います。

ただ、少子化の状況の中で
会員数も減少し、運営も厳しい中で、
皆さんが知恵を絞り、協力しながら、
その和が、少しずつ広がっているようで、
こうした世の中だからこそ、
人と人との繋がりやコミュニケーションが重要であり、
そうした出会いを作ってくださる
静岡おやこ劇場にも、
もっと発展していただきたいと思っております。

さて、その記念にふさわしい1月例会は、
劇団仲間による『森は生きている』
http://www.gekidan-nakama.com/

初演はなんと1954年、俳優座劇場のこけらおとし、
その後も、こんにゃく座オペラ、プークの人形劇、
無名塾やホリプロでも上演されているそうです。

画像


劇団仲間の初演も1959年といいますから、
むかしより、脈々と上演が続けられ、
今回の40周年記念例会で1972回目の公演、
まさにロングランの名作です。

ストーリーの秀逸さはもちろんですが、
リアルな着ぐるみと軽快なダンスや音楽、
舞台変更時の演出と計算された舞台装置。
そして、何より演じる役者さんの演技。
2幕2時間45分という長編でしたが、
その長さを感じさせない面白さでした。

また、いつもながらの会場入り口の飾り付けや
手作りのバザー販売、そして今回は生演奏と
いつも以上の盛り上がりでした。

画像


これからも、色々な舞台を楽しみにしております。
小さいお子様のいらっしゃるご家庭でも、
静岡おやこ劇場を覗いてみられてはいかがでしょうか?
きっと、子供たちの笑顔がいっぱいだと思います。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

TREview
↑よろしければ、こちらのクリックもお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック