怒濤巡業/博多編2。

某知人と共に各店舗を見て回り、
本店、ここが発祥の店に夕方戻る。
博多で超人気店・某の味を確かめないわけにはいきません。

画像


店舗の寸法をチェックしている間にも
着々と仕込みが進行中。
厨房はまさに、戦場であります。

画像


オーナーが穴子を割いていますが、これは他店舗用。
端で見ていてもオーナーの忙しさは伝わりますが、
年末年始とあって、忘年会・新年会の予約電話が続々と。
しかも、価格がリーズナブル・・・といいますか、
こんな値段で、という感じですから
人気が出ないわけはありません。

ここは、天然ものの鮮魚しか扱わない魚料理店。
オーナー自らが河岸のセリ権をもち、
納得のものを競り落とすとうこだわりの店ですので、
そんなに店舗を広げられない。

東京出店も、某社に頼まれて
断り続けて・・・・・、これで諦めるだろうという条件で
あっさいり、OKだったとか。
道理で、設計依頼が降って湧くわけです。

さて、そのお味は・・・言葉にするだけ野暮というもの。
毎度、毎度で恐縮ですが、
写真からご想像下さいませ…>_<…

・天然刺身盛り合わせ・・・な、長い。これだけの種類がすべて天然!
画像


・○○の味噌焼・・・これで分かっちゃいます(汗)
画像


・クエのすまし汁
・・・見た目はクエとネギだけのこの上なくシンプル。
これが素晴らしく美味い!!まさに幻の魚です。
画像


・自家製カラスミ・・・これが、は、箸休め
画像


・穴子の煮付け(塩で)・・・夢中で箸をつけた後です(笑)
画像


・イサキの塩焼き・この大きさ30cmくらいあります。
画像


・花のように・・・冷酒がよく合います。
画像


え~、大変いい思いをしていると思われているでしょうが、
現在の激務を考えますと、とても体が持ちません・・・…>_<…

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

TREview
↑よろしければ、こちらのクリックもお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございました。

この記事へのコメント

2008年12月12日 11:04
>オーナー自らが河岸のセリ権をもち
あっ、ひょっとして・・・ 
でも、あそこは○○のお店だし・・・ 
想像を巡らすのは楽しい(^.^)

間違いなく「大変いい思いをしている」とお見受けいたします(爆)
2008年12月13日 07:33
>彩季堂さん
え~、お分かりになっても
心の中で・・・m(_ _)m

・・・でしょうねぇ。
家人の友人からも、
ご主人良いもの食されてますね
とツッコミが来そうですから(汗)

建築日記に戻らねば(苦笑)
彩季堂
2008年12月13日 17:07
静岡に移る前、福岡の可能性もあって何度か行っているんですよ(笑) もちろん守秘義務は守りますよ!
2008年12月13日 19:58
>彩季堂さん
福岡始めました。
だったかも知れなかったわけですね。

道理で、あそこではという
言葉が出るわけだ(納得)

この記事へのトラックバック