父の背中は、いまだ大きい・・・、母もまた。

画像


名古屋入りでの審査会・懇親会後、
そのまま西進して広島の実家へ。
実はこの日は私の父の5回忌。
もう、5年も経ったんだなぁ・・・・・、合掌。

薬学博士号を持つ寡黙な父の仕事は、
広島県環境センター所長とその前身、公害研究所。
様々な分析機が置かれた仕事場や
その独特の薬品の匂いは、いまでも記憶の片隅に。
昔の我が家の常備薬、ヨーチン。
あの赤チンより、匂いの強烈でしみるヤツ。
これを調合して、自宅用に持って帰っておりました(笑)
逆に、おばあちゃんはアロエ派でしたが・・・。
私は、臭いヨーチンがいやで、赤チンは憧れでした。

叙勲を受けた時に知った、父の業績。
また、ソフトボールチームのピッチャーを
やっていた頃の別の姿も忘れられません。

自由に育ててもらい、勉強のべの字も言われなかった家庭。
母は、小学校の教師兼美術担当。
普段、学校から帰ると家には誰もいなく
今でいう、鍵っ子というのでしょうが、
土曜の半ドン日は、小学生ながら自分の昼食を料理しておりました。
メニューは、ボンレスハムの炒めたのと卵焼き。
今でも、よ~く憶えております。

さて、顧みて、自分が親父なってみると、
勉強しろ~と、知らず知らずに、子供に叫んでいる(笑)

すべてにおいて、尊敬できる父でしたが、
自分の子供が大学へ進学するという
この歳になっても、
超えるに超えられない素朴な父の背中が懐かしい・・・・。

久しぶりに帰った実家も、翌日には早々にトンボ返り。
母が、今日は夕方からストラディバリウス奏者の
ディナーコンサートがあるから、早く帰ってね・・・と、
追い返されました(苦笑)

昭和6年生まれの御歳77歳・・・・、
いまだに、移動は黒サングラスにバイクであります。
これとて、私は勝てません。
まだまだ、元気でいて下さい・・・感謝。

久しぶりの広島銘菓・もみじ饅頭を味わいながら・・・。

人気blogランキングに参加しています。
↑よろしければ、クリックをお願いいたします。
 ・・・どうも、ありがとうございまいした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック